肥満の原因

肥満気味な人や、気を緩めると肥満体型になってしまいがちな人はいると思いますが、
筆者の周りのそのような人たちは、声を揃えて「肥満は遺伝だ」と言う人が多いように感じます。
確かに、そのような事を言う人達の両親を見ると肥満気味な方が多いかもしれませんが、
肥満には必ず遺伝以外の原因があり、その原因を親から受け継いでいるとも言えるでしょう。

まず、肥満の原因をピックアップしてみましょう。
始めに挙げられる事は食事の摂取カロリーが基準値よりオーバーしてしまっているパターンです。
肥満の人が多い家庭では、料理を食べきれないほど出す家庭が多く、
反対に痩せている家庭の人は皆が腹八分目で食べられる量を食事で提供している事が多いでしょう。

次は、運動不足です。
これも、運動が好きな両親であれば、両親のスポーツ大会などについて行って
一緒に運動する機会などが増えますので、両親の趣味にも左右されるでしょう。
他には、慢性の便秘やホルモンバランスや自律神経の乱れ、
ミネラルの不足なども肥満の原因として挙げられます。
慢性的な便秘とミネラルの不足は食事や運動などで改善する必要がありますが、
ホルモンバランスはストレスや更年期のような年齢的な事も関係してきますので、
簡単に改善する事は難しいかもしれません。
上記のような肥満の原因は基本的に人それぞれの生活習慣中に潜んでおりますので、
肥満を気にされている方は生活習慣を見直してみましょう。

そして肥満と一言で言っておりますが肥満とは、実は中性脂肪が多い人の事を言います。
贅肉の9割が中性脂肪と言われており、
反対に言えば中性脂肪を減らせば痩せられると言う事にも繋がるでしょう。
中性脂肪を減らすためには、食生活の改善が必要です。
脂っこい食事が好きな人や、お肉類ばかり食べている人はできるだけ和食のような、
油をなるべく使わないような食事や、魚類中心の食卓にするように心がける必要があります。
また、アルコールが好きな人は量を減らすように心がけましょう。

中性脂肪を減らす為には、日々の心がけだけでも大きく変化させる事ができますので、
肥満を気にされている方はまずは毎日の食事を見直しましょう。