脂肪の種類

健康や、体の事に気を使っている人であっても栄養素の事や、
コレステロールと中性脂肪の違いなどを詳しく理解している人は少ないかもしれません。

まず脂肪は、大きく分けて皮下脂肪と内臓脂肪の2種類に分ける事ができます。
皮下脂肪とは、名前の通りであり、皮膚の下の皮下組織についてしまう脂肪の事であり、
直接病気の原因になるような事はありません。
そして体には皮下脂肪が必要な物でもあり、いざと言う時のエネルギー源になります。
特に女性の妊娠・出産には欠かせないエネルギーですので、
比較的男性より女性に多くついておりますが、
この皮下脂肪が多すぎても膝に負担がかかるなどの問題が生じますので、
適度に保てるようにしましょう。
そして内臓脂肪は皮下脂肪と違い、健康と密接に関係がありますので、
あまり多いと病気になってしまう場合があります。

まず、内臓脂肪には4つ種類があり、
脂肪酸・コレステロール・中性脂肪・リン脂質に分ける事ができます。
この中でも、内臓脂肪の9割を占めるのは中性脂肪と言われておりますので、
内臓脂肪が多いと判明した人は、中性脂肪が過多になっていると思って良いでしょう。
では中性脂肪を減らすためには、何が大切かという事を調べてみました。

まず、中性脂肪は肝臓で作られておりますので、肝臓に注目します。
肝臓と言えば、アルコールを分解する機能がよく知られておりますが、まさにその通りです。
しかし、アルコール自体が直接脂肪になるというわけではありません。
ただ、肝臓がアルコールを分解する途中に中性脂肪の合成を促進させる働きがありますので、
アルコールをよく飲む方は中性脂肪が体内でできやすいと言えるでしょう。
アルコールをたくさん飲む方はまずは節酒か断酒を心がけましょう。
また、肉類中心の食事をしている方は魚類をできるだけ食べるようにするべきです。
お肉の脂分を摂らないだけでなく、魚に含まれるDHAとEPAは
中性脂肪を下げる働きもありますので、とても効果的ですね。
中性脂肪が気になる方はまずは食生活を見直してみて下さい。